マイアカウント

郡上八幡地酒専門店 酒のいとう


マルス シングルモルト駒ヶ岳 Nature of Shinshu 信濃蒲公英 52度 700ml

販売価格 8,300円(税込8,964円)
在庫数 在庫0個 売り切れ中

原材料---モルト
アルコール---52%

本坊酒造株式会社 信州ファクトリー(長野県)


「シングルモルト駒ヶ岳 ネイチャーオブ信州」は、若く躍動感のあるモルト原酒を主体に、信州の恵みに感謝し、自然が織りなす新旧モルトの調和をボトルに込めたシリーズです。

「竜胆・小彼岸桜」に続く3ndリリースのテーマは長野県に広く生息する「信濃蒲公英」。
バーボンバレル、アメリカンホワイトオーク新樽で熟成された2014年蒸留のモルト原酒主体に、20年以上熟成された長期熟成モルト原酒をヴァッティングしました。
やわらかく華やかな香りに、シェリーカスクで長期熟成されたモルト原酒由来の熟した果実の風味を持つシングルモルトウイスキーです。
※ラベルの絵「信濃蒲公英(シナノタンポポ)」は、植物細密画家・野村陽子さんの作品です。



蒸留所について
鹿児島の地で日本の蒸留酒「焼酎」造りに邁進していた本坊酒造が、ウイスキー製造免許を取得したのが1949年。
それ以来、「いつか日本の風土を生かした本物のウイスキーを造りたい」と夢を抱き続けていました。
まず、1960年に山梨にワインとウイスキー製造のための工場「マルス山梨ワイナリー」を設立。
そして、本格的にウイスキー造りに取り組むために、さらなる理想の地を探し求めました。
澄んだ空気をした寒冷地であり、しかも適度な湿度と良質な水に恵まれていることなど、ウイスキー造りのための自然条件は、たいへん厳しいものがあります。

こうした条件を満たす土地を探し求め、1985年、本坊酒造株式会社は、ウイスキー造りに最適な環境を求めて、長野県中央アルプス駒ケ岳山麓標高798mの地にマルスウイスキー蒸留所を開設致しました。

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

郡上の地酒、酒のいとう店長ブログ


郡上の地酒、酒のいとう店長ブログ


|商品検索


|カート
カートの中を見る

|店長のコーナー

けんさん
酒のいとう

酒と音楽が大好きな酒屋です。

ミックスショップコム

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。当店は未成年者には酒類は販売いたしません。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。
Blog

|メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら

rss atom